2009/03/16

Japanese (JP)   せくしゃるなんとか  -  Categories: 日記  -  @ 17:14:45

云われたくないセクハラすれすれな部分。 

例えば
「女なんだから30になる前に結婚しなさい」

「女性は30才前に結婚すべき」という枠。
(相手の希望、将来像などを無視している。)

 

「男なんだからそれくらいのことで泣くな」

「男性は繊細であってはいけない」という枠。
(相手の個性を無視している。)

 

「女のくせに総合職なんて…」

「女性は一般職であるべき」という枠。
(相手の能力を無視している。)

 

「料理が趣味?男のやることじゃねーよ。」

「料理は女性がすべき」という枠。
(相手の好みを無視している。)

  
++++++++++++++++

 

上記全て、結婚・感情・仕事・趣味 というところで
本質として関係ない「性別」を持ち出しているのが
分かりますね。

 

 

そういえば、高校のときに数学で
全国ランカーになっていたときに男子に
「お前、女のくせに数学得意っておかしくね?」
と言われて、
「ということは、きみが数学が苦手なのは
 男のくせにおかしいことだわな。」
と言い返してやったら
「そんなの関係ねーだろ!!」
と、ブチ切れられました。

 

逆セクハラ、効果ありです。

 

 

というのも、
「相手への学習が機能していない状況」というのは、
「言動に対して、返ってくる言動に整合性がない」
というような状況です。
つまり、どちらか或いは片方に
「学習する」という回路ができ上がっていません。
この場合、その「枠」が如何に不毛なものであるか
「感じる」必要があります。
(学習回路がないので「理解」はできません。)
そのために同じ「枠」を適用してみます。
そこで不毛と感じられれば
回路の修復の見込みはありそうです。

 

逆に、インプット回路がろくに機能していないのに
まともに話を続けるというのは
キーが壊れた電卓で延々と数字を打ち込み
正しい計算結果を出そうとする行為であり、
精神力と体力を消耗するだけです。

 

つまり、対策案は三つ。
1.しかるべきところに修理(治療)に出す。
2.叩いてみる(枠を当てはめてショックを与える)。
3.いかれた計算結果を楽しむ。


スポンサーサイト様

どうでもいい日記ためになる日記 資格や音楽などの趣味日記 偏差値タロウの日記 受験と日々の出来事 音楽徒然なるサイト 向こうの涙 日頃の出来事日記 勉強と日記ときどき趣味 カイジのどうでもいい日記

コメントを残すトラックバック (0)

コメント:

この投稿への コメント はまだありません...

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 1 件あります....

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバック:

この投稿への トラックバック はまだありません...

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 1 件あります....

powered by
b2evolution
ブログ一六社

クレジット: b2evo | evoCore | seule